厳選 電気工事士のVAストリッパー

電気工事士が厳選したVAストリッパー

電気工事で使うVAストリッパーの紹介ですが、ここで紹介するVAストリッパーは、電気工事士技能試験でよく使われるようなものではなく、より現場で使えるものです。

 

ここで主に紹介するVAストリッパーでも電気工事士技能試験に使えるので、試験合格後も電気工事を続けるのなら、ここで紹介するものの方がいいでしょう。

 

実際の電気工事の現場は時間的制約もあるし、何よりケーブルの本数が桁違いに多いので、ゆっくりやってる時間はありません。

 

それだけに、より短時間でシース剥き作業のような下準備作業は、手早く済ませる必要があるので、多くの電気工事士さんは、ここで紹介するようなVAストリッパーを使ってるんです。

 

その中でも、使いやすいものと使いにくいものがありますので、実際に使ってみないと、使い勝手はわらないものです。

 

ですから、ほかの電気工事士さんが使ってるものの感想を聞いてみたり、実際に使わせてもらったりして、自分がもっとも使いやすいものを選んでるんです。

 

でも、最近はVVFケーブルと一言で言っても、通常のものと、エコケーブルのようにシースの性質の違うものなどがあり、それに対応できるものも新たに販売されるようになり、より選ぶのが難しくなっています。

 

みなさんの中にも、いくつか使ってダメだった物があるんじゃないでしょうか。

 

また、これまでは問題なかったものでも、最近使いにくくなったと言うものもあり、なかには外被覆だけでなく、芯線保護被覆まで傷つけてしまうようなものもあるので、VAストリッパー選びも慎重に行わなくては、電気的トラブルの原因にもなりかねません。

 

私が紹介するものは、実際の現場で使ってるものや、仲間の電気工事士さんが使ってるものの感想などを元に、厳選したものばかりですから、どれを選んでも安心して使えるものばかりです。

 

それでは、今私が現場で使ってるのから紹介しておきますので参考にしてください。

ベッセル(VESSEL)

ベッセル(VESSEL)3200VA-1
ベッセル(VESSEL)
プロコンVAストリッパー
3200VA-1

楽天はこちらベッセル(VESSEL) 3200VA-1

Amazonはこちら

私が今現場で使ってるVAストリッパーがこれです。
この製品は、切り込み深さ調整機能が付いてるので、切り込み深さの調整をすることで、よりきれいに短時間で作業を終えることができます。
以前は、違うものを使ってたんですけど、この製品をネットで見かけてすぐに買って使い始めたんですけど、想像以上に使いやすくて以来すっかりお気に入りです。

 

ただ、切り込み深さ調整のスライド部分になぜか開口が開いてて、そこに切り屑が入るのがどうも気になるのでその点だけはマイナスですが、機能的には申し分なく、現場作業で使うならいいものです。

 

続いては、ほかのメーカー品をいくつか紹介しておきますので、みなさんのお気に入りのVAストリッパーを探してください。

VAストリッパー

フジ矢(FUJIYA) FVA101
フジ矢(FUJIYA)
VA線ストリッパ
FVA101

マーベル(MARVEL)MVA-4A
マーベル(MARVEL)
ダイヤル式VA線ストリッパ
MVA-4A

楽天はこちらフジ矢(FUJIYA) FVA101

Amazonはこちら

楽天はこちら【送料無料】マーベル ダイヤル式 VA線ストリッパー MVA-4A【smtb-u】

Amazonはこちら

ここで紹介したマーベルのVAストリッパーは、私が使ってるのと同じように切り込み深さの調整ができるものです。
この二つなら、マーベルのほうをおすすめしたいですね。

 

MCC VS-R1623
MCCコーポレーション
VA線ストリッパ1A
VS-R1623

ビクター(Victor)6003VA
ビクター(Victor)
VA線ストリッパー
6003VA

楽天はこちら松阪鉄工所(MCC) VSR1623

Amazonはこちら

楽天はこちらビクター(フジ矢) VA線ストリッパ- 6003VA

Amazonはこちら

さて、そのほかの2社のVAストリッパーを紹介しましたが、私は使ったことがないので何ともコメントの書きようがありませんので、仲間の電気工事士さんで使ってる人が居たら聞いてみるなり、自分で調べるなりしてリサーチしてください。

 

ホーザン(HOZAN)

ホーザン(HOZAN) P-929
ホーザン(HOZAN)
VVFストリッパー
P-929
ホーザン(HOZAN) P?929

楽天はこちらホーザン(HOZAN) P?929

Amazonはこちら

ホーザン(HOZAN)の製品は、電気工事士試験を受験される方に広く知られているものです。
この製品を見る限り、最初に紹介したベッセル(VESSEL)のプロコンシリーズのVAストリッパーと同じように見えます。
でも全く同じものか、手に取ってみたわけじゃないので断定はできませんけどね。
(^^;)

 

次は、第二種電気工事士技能試験でよく使われたり、工場内での機械組み立て等で使われることの多いVAストリッパーを紹介しておきます。

電気工事士技能試験対応VAストリッパー

ホーザン(HOZAN)P958
ホーザン(HOZAN)
VVFストリッパーP958

フジ矢(FUJIYA) FVA1620
フジ矢(FUJIYA)
電工VAストリッパFVA-1620
フジ矢(FUJIYA) FVA-1620

楽天はこちらホーザン(HOZAN)P-958

Amazonはこちら

楽天はこちらフジ矢(FUJIYA) FVA-1620

Amazonはこちら

第二種電気工事士技能試験でよく使われてるVAストリッパーです。
このVAストリッパーは、先端部で『のの字曲げ』ができたりして、第二種電気工事士に必要な技能を補完してくれる機能が付いてるので、第二種電気工事士技能試験によく使われてるんだと思います。
実際の現場では、ペンチを使って簡単に行うことでも、そんな使い方をやったことがない人には難しいですからね。

 

次は、VAストリッパーとよく似た工具ですが、少し用途の違うワイヤーストリッパーを紹介しておきます。

ワイヤーストリッパー

ベッセル(VESSEL) 3000C
ベッセル(VESSEL)
ワイヤーストリッパー3000C

楽天はこちらベッセル(VESSEL) 3000C

Amazonはこちら

私が使ってるのがベッセルのワイヤーストリッパーです。
IVなど単線の被覆剥きに使うもので、5.5sqまで対応できるので、盤関係の接続作業などで使ってます。
VAストリッパーでもある程度は代用できますが、やっぱりワイヤーストリッパーのほうが使いやすい場面も多いので、作業車にいつも常備してるものです。

 

ほかのワイヤーストリッパー

ホーザン(HOZAN)P-90-C
ホーザン(HOZAN)
ワイヤーストリッパーP-90-C

マーベル(MARVEL) MWS-C
マーベル(MARVEL)
ワイヤーストリッパーMWS-C

楽天はこちらホーザン(HOZAN)P-90-C

Amazonはこちら

楽天はこちらマーベル ワイヤーストリッパー(IV用) MWS-C

Amazonはこちら

一般的に電気工事の現場で使われてるのが、ここまでのタイプです。
おそらくみなさんの周りの電気工事士さんが使ってるのもこのタイプでしょう。

 

次は少し変ったワイヤーストリッパーを紹介しておきます。

フジ矢(FUJIYA) PP707A-200
フジ矢(FUJIYA)
オートマルチストリッパ
PP707A-200
フジ矢(FUJIYA) PP707A-200

クニペックス(KNIPEX) 1262-180
クニペックス(KNIPEX)
自動ワイヤーストリッパー
1262-180

楽天はこちらフジ矢(FUJIYA) PP707A-200

Amazonはこちら

楽天はこちらクニペックス(KNIPEX) 1262-180

Amazonはこちら

最後の二つは、機械制御関連の業者さんが使ってるんだと思うんですけど、以外に人気があってよく売れてるみたいで、レビューを見る限り、概ね評価もいいようです。
でもやっぱり普通の電気工事には必要ないかな。



 



 

(厳選 おすすめ 電気工事の工具)は

amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

サイトカテゴリ案内

腰道具

電動工具

バッテリーと充電器

圧着・圧縮工具

切削工具

計測機器

入線・延線工具

安全対策用品

エアコン工具

便利な工具

現場の備品