厳選 電気工事の電動工具(ハンマードリル)

電気工事士が厳選した電動工具(ハンマードリル)

電気工事の現場で使うハンマードリル厳選して紹介してます。

 

電気工事だけでなく建築現場ではハンマードリルの出番は多いもので、コンクリートの貫通やアンカーピンの設置などで、コンクリートに孔を空けるときには必ず必要な工具ですから、電気工事でおまんまを食べてるんだったら持ってて当然の工具です。

 

かつては、ハンマードリルと言えば100Vの電気式でしたが、今では充電式が主流で電気工事士が使うものはほとんど充電式です。

 

時々、長時間使用するような作業もあるので、充電式と共に100V電気式のものも必要ですが、出番としてはさほど無いですから、通常は充電式を使用してると思います。

 

もちろん私も普段使うのは充電式が主で100V式は、1ヶ月に1度か2度使えばいいほうだと思います。

 

充電式なら、立馬などを使っての作業のときでも簡単に立馬の移動ができますし、上で使うのも楽なので充電式の使用頻度が高くなるものです。

 

しかし、発売当初のものは重くて疲れるものでした。
それもリチウムイオンバッテリーの登場で劇的に軽くなりましたし、最近では小型化も進んでより使いやすくなってきています。

 

私は、長くパナソニックの充電式ハンマードリルを使ってきましたが、最近マキタのハンマードリルに買い替えました。
理由は、18V仕様で軽量だったからです。

 

これも、一緒に仕事をしてる電気工事士さんが使ってるのを借りて、良かったので買い替えることにしたんです。

 

そして、それまで使ってたものはネットオークションに出品して、無事落札されて、新たに購入したハンマードリルの半額近くが戻ってきました。

 

このように、自分にとって不要になったものでも、オークションやフリマなどに出品すれば、必要な人に手渡すことができるので、こちらも助かりますし、購入してくれた人も探してた物を安く購入できるので喜んでもらえます。

 

こうすれば、無駄なく次のものを購入することもできますから、上手にオークションなども利用しつつ、工具も購入すると全額負担することも無いので、購入しやすくなると思います。

 

という事で、私が購入して使ってるものから紹介しておきますので、まずはこれから見てください。

マキタ(makita)

マキタ(makita) HR171DZK
マキタ(makita)
充電ハンマドリル
HR171DZK

マキタ(makita) HR171DRGX
マキタ(makita)
充電ハンマドリル
HR171DRGX

楽天はこちらマキタ(makita) HR171DZK

Amazonはこちら

楽天はこちらマキタ(makita) HR171DRGX

Amazonはこちら

私が使ってる充電式ハンマードリルがこれなんですが、以前のものに比べ、軽くて使いやすく、上向きのアンカー打ちもとても楽です。
それに、ほかの工具のバッテリーが使えるので、バッテリー切れの心配が無く、連続作業にも十分耐えられるもので、少しくらい多いアンカー打込み作業でも対応出来ますので、現場作業で毎日のように活躍してくれてます。

 

吸塵システム搭載ハンマードリル

マキタ(makita) HR244DGXVB
マキタ(makita)
充電式ハンマドリル
HR244DGXV

マキタ(makita) DX01(A-53073)
マキタ(makita)
集じんシステム
DX01(A-53073)

楽天はこちらマキタ(makita) HR244DGXVB(青)

Amazonはこちら

楽天はこちらマキタ(makita) DX01(A-53073)

Amazonはこちら

最近は、ハンマードリルを使うときも極力埃などを出さないように求められることが多くなったので、吸塵システムは欠かせない機能になりつつあるので、このページにも追加することにしました。
ここから先のほかのメーカーのものも掲載しておきますので、お気に入りのメーカー品をご覧ください。

 

次は、パナソニックの充電式ハンマードリルを紹介しておきます。

パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic) EZ7881X-B(本体のみ)
パナソニック(Panasonic)
充電ハンマードリル28.8V
EZ7881X-B(本体のみ)

パナソニック(Panasonic) EZ7881PC2V-B
パナソニック(Panasonic)
充電ハンマードリル28.8V
EZ7881PC2V-B

楽天はこちらパナソニック(Panasonic) EZ7881X-B(本体のみ)

Amazonはこちら

楽天はこちらパナソニック(Panasonic) EZ7881PC2V-B

Amazonはこちら

パナソニックのハンマードリルですが、紹介しているのは最新モデルです。
フルセットは限定販売モデルで通常モデルより若干価格が低く設定されています。

 

マルチハンマードリル(デュアル対応)

パナソニック(Panasonic) EZ78A1X-B(本体のみ)
パナソニック(Panasonic)
充電マルチハンマードリル
EZ78A1X-B(本体のみ)

パナソニック(Panasonic) EZ78A1LJ2G-B
パナソニック(Panasonic)
充電式マルチハンマードリル
EZ78A1LJ2G-B

楽天はこちらパナソニック(Panasonic) EZ78A1X-B(本体のみ)

Amazonはこちら

楽天はこちらパナソニック(Panasonic) EZ78A1LJ2G-B

Amazonはこちら

 

充電式ハンマードリルを使うのはカールプラグや3分アンカーの打込みがほとんどなので、そんなにパワーを重視する必要もないと考えて、軽さと取廻しの良さでマキタ(makita)にしました。
高所での作業や上向きのアンカー打ちでは、疲れにくいことが重要だからです。

 

アンカーの打込みのときに使ってるコンクリートビットも紹介しておきますので、興味のある人は見てください。

デンサン(DENSAN)打込棒付ドリルセット

デンサン(DENSAN)CUD-3030
デンサン(DENSAN)
打込棒付ドリルセット
CUD-3030

デンサン(DENSAN)CUD-3040
デンサン(DENSAN)
打込棒付ドリルセット
CUD-H3040

楽天はこちらデンサン(DENSAN) CUD-3030

Amazonはこちら

楽天はこちらデンサン(DENSAN) CUD-3040

Amazonはこちら

これの良いところは、深さが一定に保てて、アンカーピンの最大能力を発揮させることができる点です。
ドリルビットにツバがあるので、それ以上入ることがないので、極端な話よそ見をしていても完璧な深さで下孔を空けることができますから、誰がやっても同じ仕上がりになると言う事です。

 

また、先端に付属の打込み棒を被せれば、そのままセンターピンの打込みができるので、無駄な動きが少なく、すぐにアンカーピンの設置が終わりますから、次の作業にもスムーズに移行することができるので、作業時間も短く済みます。
少し値段は高いけど、使う価値はあるので、おすすめしておきます。

 

私はパナソニックとマキタの充電ハンマードリルしか使ったことがないので、ほかのメーカー品の評価はできませんが、使ってる人も居ると思うので少しだけ紹介しておきます。

ボッシュ(BOSCH)

ボッシュ(BOSCH) GBH18V-ECH(本体のみ)
ボッシュ(BOSCH)
充電ハンマードリル
GBH18V-ECH(本体のみ)

ボッシュ(BOSCH)GBH18V-ECN
ボッシュ(BOSCH)
充電ハンマードリル
GBH18V-ECN

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) GBH18V-ECH(本体のみ)

Amazonはこちら

楽天はこちらボッシュ(BOSCH)GBH18V-ECN

Amazonはこちら

ボッシュ(BOSCH) GBH36VFH-PLUS
ボッシュ(BOSCH)
充電ハンマードリル
GBH36VFH-PLUS(本体のみ)

ボッシュ(BOSCH) GBH36V-PLUS
ボッシュ(BOSCH)
充電ハンマードリル
GBH36V-PLUS

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) GBH36VFH-PLUS

Amazonはこちら

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) GBH36V-PLUS

Amazonはこちら

 

吸塵システム付きハンマードリル

ボッシュ(BOSCH) GBH18V-26GDE
ボッシュ(BOSCH)
コードレスハンマードリル
GBH18V-26GDE

ボッシュ(BOSCH) GDE18V-16
ボッシュ(BOSCH)
吸塵アダプター
GDE18V-16

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) GBH18V-26GDE

Amazonはこちら

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) GDE18V-16

Amazonはこちら

 

ハイコーキ(HiKOKI)

ハイコーキ(HiKOKI) DH18DBL(NN)
ハイコーキ(HiKOKI)
ロータリーハンマドリル
DH18DBL(NN)

ハイコーキ(HiKOKI) DH18DBL(2LYPK)
ハイコーキ(HiKOKI)
ロータリーハンマドリル
DH18DBL(2LYPK)

楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) DH18DBL(NN)

Amazonはこちら

楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) DH18DBL(2LYPK)

Amazonはこちら

 

ハイコーキ(HiKOKI) DH36DPA(NN) 本体のみ
ハイコーキ(HiKOKI)
ロータリハンマドリル
DH36DPA(NN) 本体のみ

日立工機(HiKOKI)DH36DPA(2XP)
ハイコーキ(HiKOKI)
ロータリーハンマドリル
DH36DPA(2XP)

楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) DH36DPA(NN) 本体のみ

Amazonはこちら

楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) DH36DPA(2XP)

Amazonはこちら

 

吸塵システム付きハンマードリル

ハイコーキ(HiKOKI) DH36DPB-2XP
ハイコーキ(HiKOKI)
コードレスハンマドリル
DH36DPB-2XP

ハイコーキ(HiKOKI) 0037-0104
ハイコーキ(HiKOKI)
吸塵システム
0037-0104

楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) DH36DPB-2XP

Amazonはこちら

楽天はこちらハイコーキ(HiKOKI) 0037-0104

Amazonはこちら

 

ここまで、電気工事で使える充電式ハンマードリルを紹介してきましたが、探してるものは有ったでしょうか。
ここで紹介したものは、ほんの一部ですので探せばまだまだ出てきます。
でも、あまりあれこれ見てると時間ばかり掛かって、最終的には迷ってしまうことにもなりかねませんから、このページを参考にしてもらえればと思います。

吸塵システムを単体で購入するときは、メーカーカタログ等で適合機種をご確認ください。

 

さて最後になりましたが、私が使ってる100V式のハンマードリルを紹介ておきますので、これも参考にしてください。

ボッシュ(BOSCH)

ボッシュ(BOSCH)GBH2-26REJ11
ボッシュ(BOSCH)
ハンマードリル
GBH2-26REJ11

楽天はこちらボッシュ(BOSCH)GBH2-26REJ11

Amazonはこちら

私が使ってるボッシュの100V式ハンマードリルがこれなんですが、仕事上乾式ダイヤでの貫通やエアコン工事でコアドリルを使うので、このタイプを使ってます。
これなら、80Φまで使用可能なので、ほとんど対応できて便利です。
それも、電源が容易に確保できるというのが条件ですけどね。
ストレートシャンクや六角シャンクを使うのに持ってるのがSDSプラス 回転チャックアダプターなので、併せて紹介しておきます。

★SDSプラス 回転チャックアダプター

ボッシュ(BOSCH) CK-SDS13N
ボッシュ(BOSCH)
SDS-PLUS回転チャックセット
CK-SDS13N

楽天はこちらボッシュ(BOSCH) CK-SDS13N

Amazonはこちら

SDS回転チャックセットですが、六角軸や丸軸のドリルビットやタケノコ、コアドリルなどを使用するときに使います。
物はボッシュ(BOSCH)ですが、他のメーカーでも使えるので、一つ持っておくと使い勝手がよくなります。

 

このように、使うシーンで使い分けると効率よく作業できるし工具の寿命も少しは延びるでしょう。



 



 

(厳選 おすすめ 電気工事の工具)は

amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

サイトカテゴリ案内

腰道具

電動工具

バッテリーと充電器

圧着・圧縮工具

切削工具

計測機器

入線・延線工具

安全対策用品

エアコン工具

便利な工具

現場の備品